リスナーログを4GBにしようぜ!!

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。

 

■検証環境
OS:Asianux Server 3(X86_64)
DB:Oracle Database EE 11.1.0.6

 ■検証内容

擬似的にリスナーログが4GBの状況を作って接続遅延や接続不可の状況となるか確認する。

▼検証内容

(1)テキスト形式のリスナーログのパスに移動
 [oracle@localhost ~]$ cd /opt/app/oracle/diag/tnslsnr/localhost/listener/trace
 
(2)下記コマンドでダミーの4GB超のリスナーログを作成
 [oracle@localhost trace]$ dd if=/dev/zero of=listener.log bs=4096000 count=1000
 1000+0 records in
 1000+0 records out
 4096000000 bytes (4.1 GB) copied, 123.066 seconds, 33.3 MB/s
 
(3)念の為にlsコマンドでも4Gを超えている事を確認します。
 [oracle@localhost trace]$
 [oracle@localhost trace]$ ls -l
 合計 4003916
 -rw-r----- 1 oracle oinstall 4096003165 11月 7 17:37 listener.log
 [oracle@localhost trace]$
 
(4)リスナー経由でDBへ接続し、接続遅延や接続不可の状況が発生するか確認。
  [oracle@localhost trace]$ sqlplus scott/tiger@o11107
 
 SQL*Plus: Release 11.1.0.6.0 - Production on 土 11月 7 18:10:22 2015
 
 Copyright (c) 1982, 2007, Oracle. All rights reserved.
 
 
 
 Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.1.0.6.0 - 64bit Production
 With the Partitioning, OLAP, Data Mining and Real Application Testing options
 に接続されました。
 SQL>
 
(5)該当時間のリスナーログを確認します。
 
 
 ※「listener.log」より該当時間帯抜粋
 ====
 Sat Nov 07 18:10:22 2015
 07-11月-2015 18:10:22 * (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=o11107)(CID=(PROGRAM=sqlplus)(HOST=localhost)(USER=oracle))) * (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=10.0.2.15)(PORT=16271)) * establish * o11107 * 0
 ====

▼検証の結果&考察

今回の検証では接続遅延や接続不可の状況にはならなかった。リスナーログにも該当時間帯は「establish * o11107 * 0」が出力され正常に接続が確立されていた事が分かる。ある程度想定内の結果になったが出来れば接続遅延や接続不可の状況を作りたかった。おそらくOSのワードサイズによる影響だ。