読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oracleのマニュアル確認方法

Oracle Database製品を使用する上で製品マニュアルを確認する事は多々あるかと思います。
主な確認方法やそのテクニックについて紹介します。

(1)OTNのドキュメント・インデックスから遷移し確認する方法

一番、基本的な方法としては下記のOTNで用意されているドキュメント・インデックスから確認していく方法です。

Oracle Technology Network マニュアル
http://www.oracle.com/technetwork/jp/indexes/documentation/index.html

確認したいDBのバージョンやプラットフォームに合わせて対象マニュアルを選択の上、対象機能にフォーカスして確認していきます。どのマニュアルのどの箇所に対象の記述があるか予め把握していないと確認に時間を要します。どちらかと言うと玄人向けの確認方法です。


(2)googleなどの検索エンジンからマニュアルを確認する方法

この方法はgoogleなどの検索エンジンから直接、確認したい機能のキーワードを入力し検索する方法です。たとえばOracleの停止方法を確認したい場合は下記の具合にキーワードを入力します。

Oracle 停止方法

また、検索対象のキーワードと共にsite:oracle.com と入力するとoracle.comドメインのページのみHITします。これでソース元が不正確な個人サイトやブログなどを省く事が可能になります。具体的には以下のようになりますね。

Oracle 停止方法 site:oracle.com

また、10gR2の場合は102、11gR1の場合は111、11gR2の場合は112、12cR1の場合は121と言った具合に入力すると指定したバージョンのマニュアルがヒットしやすくなります。

具体的には、下記の様に入力しますとoracle.comドメイン内且つ、11gR2のバージョンのOracle停止方法に関するドキュメントを確認可能です。

Oracle 停止方法 site:oracle.com 112

私がよく使う方法は上述した内容になりますがその他の検索演算子と組み合わせると更に迅速に正確な情報が得られるかもしれません。Google検索で使用可能な検索演算子は以下から確認可能です。

Google 検索演算子
https://support.google.com/websearch/answer/2466433?hl=ja

以上