2017-03-16から1日間の記事一覧

TDE環境を構成して列暗号化を実行してみようぜ!!

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 今日のテーマは「TDE環境を構成して列暗号化を実行してみようぜ!!」です…

WLSにデプロイしたアプリにtelnetからHTTPリクエストを送れる環境を作っちゃおうぜ

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 今日のテーマは少し長いですが「WLSにデプロイしたアプリにtelnetからHTTP…

RMANのバックアップ保存数設定について

■今回の検証概要DBを運用するにあたってのバックアップ取得方法は、Oracleが提供するRMANを使った方法、OSのコピーコマンド、ストレージのシャドウコピーを使用した方法など多岐に渡ります。 今回はOracle社の推奨のバックアップ・リカバリツールであるRMAN…

DBに1000セッション張って負荷を確認してみようぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■検証概要 DBへリスナー経由のセッションを繰り返し生成する検証です。 ■…

手動によるCREATE DATABASEとDROP DATABASEの実行やってみようぜ!!

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■検証内容 久しぶりの更新となりましたが、今日はザックリと手動の「CREAT…

愛しのSCOTTさんを3秒で作成しちゃおうぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 DB構築時にSCOTTスキーマを作成するオプションを選択しなかった場合に、後…

愛しのSCOOTさんのEMPテーブルに100万行挿入しよう!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順とは限りません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 SCOTT.EMPテーブルにランダム関数とループ使って100万行挿入する手順。 ★…

12cでOracle Restart環境(ASM)を作っちゃおうぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 How to install Oracle Database 12.1.0.1 Restart(ASM) on OEL5.8 ■概要O…

Enterprise Manager Express 12cで遊んでみようぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順とは限りません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■検証環境OS:Oracle Enterprise Linux 5.8(54-bit)DB:Oracle Database Ent…

■ASMCMDで遊んでみようぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順とは限りません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■ASMCMDで遊んでみようぜ!!の巻 極まれにASMCMDを使う場面がありますよ…

WLS小技

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 今日はWLSTの基本だけど意外と知らない小技を紹介しようと思います。全て…

Oracleのバッググラウンドプロセスをぶっこ●しちゃおうぜ!!の巻

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順とは限りません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■前置き Oracleには大まかに以下7つの必須のバックグラウンドプロセスがあ…

DBMS_METADATA.GET_DDL

■検証内容表定義やビュー定義などの定義文が確認できたら便利な場面があると思います。ORACLEではDBMS_METADATA.GET_DDLパッケージを使って様々なオブジェクトの定義文を確認する事が可能です。検証して確認した内容をまとめましたので記録として残します。…

リスナーログを4GBにしようぜ!!

※ここで記載した内容は独断と偏見に基づく個人の見解であり、実行しているコマンドや手順も必ずしも正しい手順ではありません。その為、あくまで参考程度にご覧頂ければと思います。 ■検証環境OS:Asianux Server 3(X86_64) DB:Oracle Database EE 11.1.0.6 ■…

code tips サルベージ

Code tips.がgoogle検索でHITしない場合があるのでリストにした。番号が歯抜けになっているのは、既にリンク切れになっているリンクはリストしていないから。動的パフォーマンス・ビューを用いたデータベース情報の取得 [Tips# 1]http://otn.oracle.co.jp/ot…

ORA-00845 備忘録

ORA-00845発生時の暫定対処。スーパーユーザにてターミナルから下記実行。sizeの値は環境に合わせて適宜変更が必要。Oracle側の初期パラの変更でも対処可能ですがそちらは割愛。mount -t tmpfs shmfs -o size=6g /dev/shm以上

datapump 備忘録

datapump 備忘録です。▼デフォルトで利用可能なディレクトリオブジェクトの位置を確認する例set linesize 200 col owner for a10 col directory_path for a50 select owner, directory_name, directory_path from dba_directories where DIRECTORY_NAME = 'D…

nchar文字列をsqldeveloperで

%ORACLE_HOME%\sqldeveloper\sqldeveloper\bin配下「sqldeveloper.conf」の修正 ===AddVMOption -Doracle.jdbc.convertNcharLiterals=true=== ALTER TABLE SCOTT.DEPT MODIFY (LOC NCHAR(10));INSERT INTO scott.dept VALUES (10, 'ACCOUNTING', N'<文字>'…

[繰り返しSELECT]

分かる人からすると当たり前の内容だと思いますが、PL/SQLでSELECT文を繰り返し実行するときは下記のように受け取り変数を宣言した上で実行する必要がある。 set serveroutput onDECLARE str VARCHAR2(2000);BEGIN FOR i IN 1..100000 LOOP select dname int…

Standard Edition 2

遅ればせながら今回はStandard Edition 2 について纏めようと思います。 【Standard Edition 2製品機能など】- 従来のStandard Editionと同じ機能が使用可能。従ってEEおよびEE固有のオプション機能は使用不可- RACの使用が可能- Oracle Database 12c Releas…

Oracleのマニュアル確認方法

Oracle Database製品を使用する上で製品マニュアルを確認する事は多々あるかと思います。 主な確認方法やそのテクニックについて紹介します。(1)OTNのドキュメント・インデックスから遷移し確認する方法 一番、基本的な方法としては下記のOTNで用意されてい…

各Enterprise Managerで利用可能な機能やライセンス

DB管理向けのEnterprise ManagerについてはCloudControl、Database Control、EM Expressなど複数あります。それぞれで利用可能な機能や必要となるライセンスについて以下で纏められております。<参考>「Oracle Enterprise Manager : 各ライセンスの主な機…

WLSTでデータソース作ろうぜ!!の巻

WLSTでシンプルな非XAの汎用データソースの作成スクリプト。色々とハマルところが多くて参った。最終的には動いてよかった。 #############connect('weblogic','welcome1','t3://localhost:7001')edit()startEdit()cd('/')cmo.createJDBCSystemResource('Tes…

ADRCI

余り実用性無いがADRCI備忘録。 (1)プロンプトからADRCIを起動する例 C:\Oracle>adrci ADRCI: Release 11.2.0.1.0 - Production on 月 5月 30 20:57:29 2016 Copyright (c) 1982, 2009, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. ADR base = "f:\…

フラッシュバックドロップ機能について

フラッシュバック・ドロップを少し検証して纏めてみた。 ■フラッシュバック・ドロップについて ・端的に言うと削除した表を元に戻す機能。 ・概念的にはWindownにおけるゴミ箱と同等と考えて問題ない ・10gからの新機能 ・「SYSTEM表領域を除く」ローカル管…

sql*plusにワンステップでログインせず、/nologする理由

かなりベーシックな内容だが、ちょっとしたトリビアをご紹介。 SQL*PLUSからの接続について、ターミナルから「sqlplus /nolog」と実行した後に「connect <ユーザ名>/<パスワード>」と実行する人は多いと思う。具体的には以下の具合 $ sqlplus /nolog SQL…

12C TDE

(1)ウォレット格納用ディレクトリ作成 [oracle@hoge admin]$ mkdir /opt/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/wallet (2)sqlnet.oraに下記を追加 ENCRYPTION_WALLET_LOCATION=(SOURCE=(METHOD=FILE)(METHOD_DATA=(DIRECTORY=/opt/app/oracle/product/12.1.0/…

チェックリスト

(※編集中)[概念としての思考方法について]・対象となっているものをカテゴリー分けしてみる(並列や、上下関係のある階層で分ける。)・主観と客観で分けて考えてみる(己の認識が主観で他者からの認識が客観)・物事を時間軸で捉える。空間軸でも捉えてみる・弁…

Linux Error 一覧

備忘録。Linux OSエラーコードと意味一覧 [root@hoge admin]# [root@hoge admin]# more /usr/include/asm-generic/errno-base.h [root@hoge admin]# #ifndef _ASM_GENERIC_ERRNO_BASE_H #define _ASM_GENERIC_ERRNO_BASE_H #define EPERM 1 /* Operation not…

リスナーのサービス登録備忘録

リスナーのサービス登録の基礎知識についてメモ。 (1)listenerの構成方法には静的構成と動的構成の2種類存在 (2)静的構成では、listenerへ登録するDBサービスをlistener.oraに記述する。動的構成とは異なり、DBの状態がlistenerへ動的に反映されないため、静…